• 日本語
  • English
  • ¥ JPY
  • EUR

関連する通貨が見つかりませんでした

/

蛍光灯のガイド

オフィス、工場、店舗など幅広く
利用される直管型

長さから選べる

10W型-33CM 15W型-44CM 20W型-58CM
40W-120CM 65W-150CM 110W型-240CM

機能から選ぶ

一般タイプ 光の広がるタイプ クリアタイプ
人感センサータイプ 口金回転タイプ  
LED蛍光灯は新世代の照明 器具と言われ、伝統的な蛍光灯と比べると、50%以上の電気代を節約子可能です。また、LEDの寿命は4~6万時間と、はるかに長いのが特徴なので、最近多くのお客様に愛用され、照明 器具市場にもっとも人気がある商品になりました。それでは、皆さんに【適切なLEDを選び方法】を案内致します。

長さ

今市場に販売されている物はだいだい下記図表に書いた通り、消費電力によって、分けっております。

一般的に、もっとも使われているのは10w型 20w型 40w型 でございます。

LEDのあかり、色

暮らしのシーンに合わせた光を選べること
普通に三つのタイプ:昼光色昼白色電球色となります。
朝、学校や会社に出かけるため朝食をとったり身支度したりと、慌ただしく家族が活動する時間帯は、昼光色といわれるやや青白っぽいさわやかな色の光にしましょう。
その後、家事が一段落した昼間から夕食の頃までは、昼光色よりやや黄色みがかかって自然に感じる昼白色(白色)を選びます。そして、夕食後の家族団らんは、赤みがかった穏やかで落ち着いた色の電球色を選べば、ゆったりと過ごすことができるでしょう。

明るさ

LEDの明るさを判明する単位はルーメン(lm)、光の量の単位となります。
照明器具は部屋の大きさに合った明るさのものを選ぶ必要があります。
LEDシーリングライトを例を挙げれば、
ご購入する前に、個室の面積を合わせて考えてください!また、LEDの光源は指向性的なので、一般的な蛍光灯より、同じ明るさを得るために必要な電気は少なくて済みます。
※参考
明るさ相当:従来40W型蛍光灯(3000lm)=LED18W 型(2000lm)

照射角度

LEDの光源は片面发光により、特別な照明器具にあわせないため、メーカーが広角照射(270°~300°)の蛍光灯を開発した。
また、口金回転タイプの蛍光灯は自由に照射角度を調整し、全方向に明るいものはリビングなどの広いスペースに向いています。

蛍光灯には3種類の点灯方式があります